感動

      2017/08/22

7/15(土)より上映されている「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を先日観てきました。

20周年ということもあって、映画館は親子連れで大にぎわい。ストーリーの途中、あちらこちらで子どもたちのすすり泣く声が聞こえ、子どもの感受性の豊かさに驚きました。子どもの頃は誰もがちょっとしたことで感動していたのに、大人になるにつれて感動することが減ってきますよね。

映画は感動のフィナーレを終え、グッズを販売しているショップに行った時のこと。子どもは水を得た魚のごとくいくつものグッズを手に取ったため、たしなめようとしたところ、子どもは手にしたグッズに向かい一言。「キミにきめた!」。

一本取られました。降参です。すべてお買い上げとなりました。漱石さんが何人かいなくなり、すっかり財布が軽くなりました。

http://www.pokemon-movie.jp/

 - 日常の出来事